古民家暮らしの知恵〜スズメバチ駆除で安全・快適ライフ〜

田舎で安全に暮らしたいなら害虫駆除と対策は必須です!

田舎暮らしをしたい人必見!【スズメバチ駆除など危険が多い古民家】

田舎暮らしは苦労がいっぱい?

田舎生活の醍醐味は、都会にはない大自然を堪能できることです。しかし、自然が多いということは、スズメバチのような危険な生物も多いということです。実際に、大きなハチの巣を自宅の屋根裏で発見した人もいます。しかし、適切な対処をすることで、危険を未然に防ぎ、平穏な暮らしを手に入れた人もいます。

スズメバチの洗礼を受けた!(40代/男性)

古い家や古民家では、屋根の軒下や屋根裏にハチの巣ができることが良くあります。通気口や通気窓の隙間から、侵入してスズメバチが巣を作ることもあるんです。これから、田舎暮らしをスタートさせる方は、物件探しをしていると思いますが、屋根裏や軒下などを確認してから購入することが大事ですよ。私も数年前から田舎暮らしをしているんですが、天井裏にハチの巣を知らない間に作られていました。それも大きくて攻撃的なスズメバチの巣でした。1人で退治するのは不可能と判断し、すぐにスズメバチ駆除業者に連絡して退治してもらいました。駆除後にハチの巣を見せてもらったんですが、バスケットボールよりも大きいサイズでビックリしました。田舎暮らしの洗礼を受けましたが、これも田舎暮らしの楽しさですよ。

トラブルに早急に対処するために

古民家で生活する場合は、都心部とは違い、沢山のトラブルが発生する可能性があります。頻繁に発生するトラブルもあれば、年に数回決まった時期に発生するトラブルもあります。いろいろなトラブルを想定して、準備しておくことで、早急に対処できるようになります。

連絡先を確認しておく

男女

スズメバチ駆除ができる業者や害虫駆除の業者、また役所や周辺住民の連絡先は控えておくと良いでしょう。トラブルが発生しても専門の業者に依頼できますし、役所や周辺住民から適切なアドバイスをもらうことができます。業者に対応してもらう場合は、連絡するだけでなく、事前に料金とサービス内容、そして応急処置を確認することが大事です。

TOPボタン