古民家暮らしの知恵〜スズメバチ駆除で安全・快適ライフ〜

田舎で安全に暮らしたいなら害虫駆除と対策は必須です!

古民家ではスズメバチ駆除だけじゃなく害虫対策をすることが大事

田舎暮らしで効果的な害虫対策

古民家での生活は、四季折々の自然を楽しむことができるので、定年後に移住する方もいます。しかし、自然溢れる環境では、多くの害虫が発生するので、スズメバチ以外にも害虫対策をしないと快適な生活を送れません。

忌避剤を使用する
害虫対策で大事なことは、虫がよってこない環境を作ることです。そのために、とても便利なアイテムが、忌避剤です。害虫が発生しそうな場所にスプレーしておくと、寄せ付けない室内環境にすることができます。最近では、忌避剤としての役割だけでなく、害虫を発見したら殺虫剤としても使用できるスプレーもあります。
手作りスプレーで節約対策
害虫が嫌いな臭いは似ているので、手作りスプレーで害虫対策をすることができます。作り方は、まず臭いを吸収する重曹を水に溶かし、その中に害虫の嫌う香りのミント、レモングラス、ユーカリ、ローズマリーなどの精油を混ぜるだけです。いい香りとは言えませんが、害虫対策には効果的です。

持っておくと安心~ポイズンリムーバー~

畑仕事や山道を散策している時に、スズメバチなど有毒生物に刺されてしまうこともあるでしょう。体内に毒が回ることを防ぎ、被害を最小限にすることができるアイテムがポイズンリムーバーです。体内に入った毒を吸い出すことができるので、1つ持っているだけで安心して作業できます。

ポイズンリムーバーを使用する際の流れ

刺されたらすぐに使用

時間が経過すると血液に溶け込んで、毒が体中に巡ります。そのため、刺されたらすぐに、ポイズンリムーバーを使用して、毒を吸い出しましょう。

事前に使い方を確認しておく

緊急時に使い慣れてない道具を使用することは難しいでしょう。正確に作業できるように、使い方を確認しておくと良いでしょう。

使用後は皮膚をケアする

ポイズンリムーバーを使用しても完全に毒を吸い出すことはできません。患部を水で綺麗に流して、軟膏を塗り、絆創膏や清潔なタオルで保護してください。

応急処置なので医師にみてもらう

体質や毒の種類によっては、アナフィラキシーショックの症状がでることもあります。処置後は、病院に行って、専門に治療してもらいましょう。

TOPボタン